【2018年年末〜2019年6月】ヨルダン・ハシミテ王国での土木工事、施工管理の様子です。

合同会社b・t・fのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
今回はヨルダン・ハシミテ王国で土木工事を行ってきましたので、当社が担当した現場をご紹介いたします。
規模感のある現場でしたので、6か月ほどの滞在になりました。

ヨルダン・ハシミテ王国は、中東・西アジアに位置している国。日本と同様に四季があり、夏は暑く冬は寒いです。
また、砂漠の気候でもあるため年間の降水量は少なく、朝晩の冷え込みにも注意しなければなりません。
意外かもしれませんが、冬には雪が降ることもあります。

 

こちらがアジュルン城。12世紀に建立されたイスラム教の城で、ヨルダンの北西部に位置しています。

 

ヨルダンの首都、アンマンから北へ50km程の場所に位置している都市、ジャラシュには、ローマ帝国時代の都市遺跡が数多く残っています。
この円形の広場もそうです。

 

ハドリアヌス凱旋門も、ローマ帝国時代の遺跡の一つ。

 

遺跡は広範囲にわたっており、当時の都市規模の大きさを伺い知れます。

 

場所が変わり、こちらはアンマンにある教会とその周囲の街並みです。

ヨルダンでは現在でもこうした造りの建物が多く、当社が施工管理を任されていることに誇りを感じています。

 

教会と朝焼け。美しい瞬間です。

海外での活動も、こうして随時お知らせしてまいりますので、ぜひご覧ください。


一覧ページに戻る